【電気代公開】3人家族、4LDKのオール電化の電気代はいくら?

IH illustrate積水ハウス(SHAWOOD)の家紹介

我が家はオール電化を採用したため、ガスの契約をしていません。

家を建てる前は、オール電化って本当にお得なのか?ガスの方が良いのではないか?という懸念があり、少し悩みました。

 

実際にオール電化のマイホームに住み、2年が経とうとしています。

実際に電気代はいくらだったのか、公開していきます。

家族構成や広さによって異なると思いますので、この金額を目安に、ご自身の状況に当てはめてお考えください。

スポンサーリンク

我が家は妻と子供1人の3人家族、4LDK

マイホームのイラスト

我が家は妻と2歳の子供が1人の3人家族です。

家は4LDKですが、LDKは24畳(和室込み29畳)あるので、平均より若干広めだと思います。

参考記事 : 24帖のLDKを建築!広さや快適性は?

 

2階リビングということもあり、暖かい空気が上ってくることから床暖房はつけませんでした。

夏冬はエアコンをかけ、サーキュレーターを回して空気循環をしています。

天井が高いので、サーキュレーターがないと結構寒いです。

参考記事 : 24畳のリビングを暖房とサーキュレーターアイ DC JETで暖める!

サーキュレーター画像

▲24畳に対応した強力なサーキュレーター。サーキュレーターの有無で暖かさは大きく変わる。

太陽光パネルを積んでいるため、一部は相殺

ソーラーパネルの乗った家

我が家は夫婦共働きですが、妻はほとんど在宅勤務です。

そのため、在宅ワークではない夫婦よりも電気代はかかりますが、太陽光パネルを積んでいるため、天気が良ければ昼間の電気は相殺されています。

蓄電池等は設置していないため、夜の電気代はそのままかかっています。

 

オール電化を導入する家は、大半が太陽光パネルを積んでいると思いますので、この辺りの条件は同じだと思います。

PHEV車に乗車中

EV充電のイラスト

我が家はガソリンと電気のハイブリッド、「PHEV」というタイプの車に乗っています。

PHEVは家の電気でも走るため、定期的に家で充電しています。

 

フル充電にかかる電気代は300円ほどで、週に2回程度フル充電します。

昼間に充電することが多く、太陽光パネルでの発電と相殺しているため、正確な金額はわかりません。

 

あくまで概算になりますが、おおよそ1,000円/月くらいは、PHEVの電気代としてかかっていると思います。

スポンサーリンク

春(3月、4月、5月)の電気代

春のイラスト

まずは3月〜5月にかかった電気代をご紹介します。

 

少し暖かくなってくるものの、3月はまだ暖房を使っていたと思います。

しかし暖かくなればなるほど電力を必要としないため、徐々に電気代を抑えることができます。

オール電化の3月の電気代

3月の電気代は10,797円でした。

このくらいの季節で10,000円を少し超えるくらいですね。

 

使用した電力は424kWhなので、ご自身の契約プランに当てはまると、概算が出るかもしれません。

ただし、オール電化は夜間電力で使っているものも多いので、単純に掛け算というわけにはいかないので注意が必要です。

オール電化の4月の電気代

4月は少し暖かくなって来たため、電気代は8,775円で済みました。

最近の家は断熱性が高いため、4月はほとんどエアコンを使っていません。

 

なお、使用電力は320kWhでした。

オール電化の5月の電気代

5月は更に電気代が下がり、7,626円でした。

「4月はほとんどエアコンを使っていない」と言いましたが、4月の初め頃は少し使っていたのかもしれません。

4月との電気代の差1,000円は、これによるものと思われます。

 

なお、使用電力は251kWhでした。

夏(6月、7月、8月)の電気代

夏のイラスト

夏はクーラーをつける季節なので、電気代がかかります。

二階リビングなのでさぞ暑いと思いきや、風通しもよく、7月まではエアコン不要でした。

参考記事 : 二階リビングは暑いのか?実際に猛暑日や真夏日を過ごした感想

 

なお、エアコンは26℃設定で、サーキュレーターで空気を循環させています。

オール電化の6月の電気代

6月もまだまだ電気代はかからず、7,707円でした。

雨の時は除湿機を回すため少し電気代がかかりますが、お金に換算すると誤差のようなものでした。

 

ジメっとした嫌な季節ですが、エコカラットのおかげでリビングの湿度は快適でした。

参考記事 : エコカラットはお洒落で湿度調整もしてくれる!実際に住んでみたレビュー

 

なお、使用電力は243kWhでした。

オール電化の7月の電気代

7月は扇風機は回していましたが、冷房はほとんどつけておらず、電気代も7,761円でした。

7月終盤は少しつけたかもしれませんが、あまり電気代には跳ねていませんね。

6月も除湿機を稼働させていたので、同じくらいの電力だったのかもしれません。

 

なお、使用電力は238kWhでした。

オール電化の8月の電気代

8月はエアコンをつけ始めましたが、8,443円でした。

 

風通しが良いので、心地よく風が吹く日は窓を開けて扇風機で過ごしました。

風がないと冷房必須ですが、風さえあれば十分涼しいです。

寝る時は12畳程度の部屋ですが、毎日26℃設定の冷房で寝ていました。

 

なお、使用電力は264kWhでした。

スポンサーリンク

秋(9月、10月、11月)の電気代

秋のイラスト

9月、10月、11月は、秋と言ってもそこそこ暑いです。

特に今年は秋を感じられる期間が短く、蒸し暑いと思ったらすぐ寒くなってしまいました

 

秋らしい気温が続けば、電気代は抑えられるかもしれませんね。

オール電化の9月の電気代

9月の電気代はなんと8月より高く、9,897円でした。

自覚はないのですが、8月よりも趣味のキャンプに行かず、家にいる時間が長かったのかもしれません。

もしくは8月の方が太陽光の発電量が大きいので、相殺した電力量が大きかったのかもしれません。

 

なお、消費電力は318kWhでした。

オール電化の10月の電気代

10月になるとお風呂を沸かす時が出てくるため、少しだけ電気代は上がって8,070円となりました。

2階リビング+高断熱のおかげか、10月は暖房を使わずに過ごすことができました。

朝晩は少し冷えますが、昼間はかなり暖かいので、まだまだ電気代は上がっていません。

 

なお、消費電力は244kWhでした。

オール電化の11月の電気代

11月になると、冷える日が増えてきました。

暖房を稼働させる機会も増えたため、電気代は9,235円となりました。

お風呂はほぼ毎日沸かしていたため、それも響いたと思います。

 

消費電力は336kWhなので、少し上昇傾向です。

冬(12月、1月、2月)の電気代

冬のイラスト

12月〜2月は最も寒く、最も電気代がかかる季節です。

 

やはり夏の冷房よりも、冬の暖房の方が電気代がかかるようです。

このピークにecoを意識することで、電気代は変わってくるのではないかと思います。

オール電化の12月の電気代

12月はかなりの頻度で暖房をつけていたため、10,447円となりました。

10,000円の大台を突破すると、寒くなってきたなあ、という感じがします。

 

消費電力も401kWhと、400kWhを超えました。

オール電化の1月の電気代

12月と1月で何が違うか分かりませんが、1月は13,910円と、1年で最も高くなりました

もしかしたら、正月休み、成人の日といった祝日があり、家にいる時間が増えたのが理由かもしれません。

 

それにしても、12月と比較して3,500円増えており、対前月比133%は少し増えすぎな気がします

12月は11月からの移行で暖房を使うことに関してeco意識があり、1月は暖房に慣れてeco意識が薄らいだから、という可能性もあります。

 

正確なところは分かりませんが、580kWhと、消費電力も年間で最大となりました。

オール電化の2月の電気代

2月も1月同様、まだまだ寒い季節が続くため、電気代は13,110円となりました。

この差は年末年始の休みによるものと、2月はそもそも28日までしかないことが理由と考えています。

 

おそらく1月と2月で、暖房の使い方に差はなかったと思います。

2月は上旬も下旬も厳しい寒さが続くため、暖房もフル稼働です。

 

なお、消費電力は544kWhでした。

感想、まとめ。オール電化はガス代を考えれば安くなりがち

IH illustrate

他の方のブログ等を見ていると、この電気代は標準〜若干安めの部類に位置すると思います。

それなりにecoを意識して生活しているため、ecoを意識していない家庭よりも電気代は抑えられています。

とは言え、今の時代「全くecoを意識しない」という方も少ないので、世の中の平均値も少しずつ安くなっているかもしれません。

 

しかしこのくらいの電力であれば、ガスを契約した場合と比較すると、かなり安上がりに済んでいると思います。

全体を通して見れば、オール電化は安めに済むと思います。

タイトルとURLをコピーしました