【積立投資】2021年10月、19ヶ月目(1年7ヶ月目)の運用成績と金融資産公開【ブログ】

2021年10月の積立金融資産・運用成績公開

今月の資産運用のご報告です。

今月は円安が加速していますね。

円安は一時的なものである公算が大きいので、寧ろ高値で買わされるため、あんまり嬉しくありません。

円換算の資産も増えますが、配当等を円に替えているわけではないので、増えているのは数字だけです。

 

私は月10万円のインデックスファンドの積み立てと、スポット買いを分けて行っています。

積立投資の成績と合わせて、全金融資産の運用状況も公開します。

 

目標は、一人目の子供が大学を卒業するくらいに退職して、あとは悠々自適に暮らすことです。

節約型のFIREではなく、豊かな人生を歩みながらも、最大限の資産形成を目指します。

参考記事 : 妻と子供2人、4人家族でFIREを目指すための資産形成戦略と住宅ローンについて

世の中そう上手くはいきませんが、無理なく資産形成するスキルは必ず人生を豊かにしてくれます

 

その他、FIREのための戦略、金融関係の考察等書いていますので、お金の話が好きな方はぜひ下記カテゴリを覗いてみてください!

参考カテゴリ : 投資・資産形成・FIRE

スポンサーリンク

【19ヶ月目】毎月10万円の積み立て

まずは月10万円の積立投資の方からご報告していきます。

19ヶ月ということで、1年半が経過しました。

現在は少し調整局面に入っていますが、1年半前から考えればパフォーマンスとしては悪くないです。

2021年10月の積立

今月の積み立て時点の利益率は16.6%、投資金額180万円に対して利益金額は299,637円となっています。

※年利ではありません。

先月の利益額が215,556円だったので、84,081円ほど増加しました。

かなり伸びたように見えますが、外国株の割合が多いので、円安の影響があります。

まだ資産形成は序盤なので、このまま円安が進むのは望む展開ではないですが、円安はまだ進むという見方をするアナリストの方が多そうですね。

 

なお、組み入れ銘柄については下記をご参考にしてください。

参考記事 : 【ドルコスト平均法】月10万円、投資信託(インデックスファンド)を積立!おすすめ銘柄は?

 

そもそもこれを始めようと思ったのが、住宅ローンの返済がきっかけでした。

詳しくは下記の記事にまとめていますので、ご参考にしてください。

参考記事 : 住宅ローンは35年、頭金なしがお得?フル活用して資産形成する方法!

全運用資産

積立投資は住宅ローンを繰上げ返済したと考え、そのパフォーマンスを見るためにルール作りをして運用しています。

それ以外にも投資自体が好きなので、売買も含め色々と行なっています。

まずは今月時点の運用資産の公開です。

2021年10月のポートフォリオ

2021年10月現在の全運用資産は17,012,134円となっており、アセットとしては投資信託が多いです。

投資信託はコツコツ積み上げているのに加え、投資信託はほぼインデックスファンドで「売らない戦略」のため、このアセットが膨れ上がります。

 

前月は16,079,020円でしたので、933,114円増えました

こちらも円安の影響で増えたように見えますが、ドル換算するとそこまでは増えていません。

外国株の影響が圧倒的に大きいですが、FX口座の新興国通貨、ビットコイン等の仮想通貨、ゴールドも保有していますので、全体的に円安の影響を受けています。

先月1,600万円を越えたばかりでしたが、今月は1,700万円を超える結果となりました。

しかし円安も一服しそうですし、暫くこの辺りを停滞しそうなので、12月のボーナスを入れて今年中に1,800万円、そして今年度中に2,000万円を超えることを目標としたいです。

 

以下、本項の注意事項です。

  • 預貯金(生活資金)や国民年金、保険等は含みません。
  • アセット「現金」に含まれるのは外貨の配当金か、預かり金になります。生活費ではありません。
  • 売買をしているため、市場の変動以外に総資産は増減します。(預貯金は含まれないため、証券口座から引き上げた金額は減算されます)

2021年10月時点のそれぞれのアセットの解説

それぞれのアセットについて、現状は次のとおりです。

  • 国内株式 : 資産額4,672,870円。高配当、優待、成長期待銘柄を持っています。買い増すつもりはありませんが、たまに魅力的な銘柄があって買ってしまいます。
  • 外国株式 : 資産額2,819,405円。米国の高配当ETFを中心に保有しています。円安が一服したらVIGを買い増します。
  • 投資信託 : 資産額6,436,630円。外国株式の投信が8割〜9割を占めています。今期は積み立てのみでしたが、円安の影響で増加しています。
  • 暗号資産 : 資産額306,667円。BTCとIOSTを少しだけ持っています。BTCは約400万円、IOSTは約0.6円の時に買ったので含み益です。額が少ないので大したことないですが、BTCはもっと買っておけば良かったと後悔しています。
  • レバ取引 : 資産額1,156,236円。FXです。レバレッジ2倍で、新興国国通貨をかれこれ4年以上持っています。スワップポイント狙いですが、入金130万円なのでずっと含み損が続いています。握力強いのが自慢なので放置です。
  • 確定拠出年金(iDeCo) : 資産額1,618,776円。オールカントリー株式メインです。

長期保有を原則に投資しています。

スポンサーリンク

2021年10月期まとめ。円安一服後に買い増し準備

投資戦略を練る男性

スポット買いするための現金は少し貯まりつつありますし、株価も奮わないので、買い増したいところです。

しかしドル円が弱く、手を出しにくい状況です。

来年のNISA枠を見据えて、120万円分は投資金を残しておくのも手段の一つだと思っています。

 

しかし株価はどうなるか分からないため、積立購入は継続して行なっていきます。

感情に左右されないのがドルコスト平均法の良いところなので、上がろうが下がろうが、コンスタントに資産を積み増していきます。

 

これまでの運用成績は下記カテゴリをご参考にしてください。

参考カテゴリ : 金融資産・運用成績公開

タイトルとURLをコピーしました