【レビュー】自宅でおつまみと熱燗が楽しめる!LITHON せんべろメーカーの感想

せんべろメーカーのテスト購入した家具・家電・インテリア

マイホームを建ててから特に、自宅でお酒を飲む、という時間が増えました。

夏はビールやサワーをキンキンに冷やして飲んでいましたが、最近、冬は暖かいものが飲みたくなってきました。

冬の暖かいお酒と言えば、やはり熱燗でしょう。

 

そこで、自宅で手軽に熱燗が楽しめる、LITHON(ライソン)の「せんべろメーカー」なるものを買ってみました。

スポンサーリンク

冬の熱燗、家呑みに最適な「せんべろメーカー」

私が購入した機器は、LITHON(ライソン)という会社が発売している「せんべろメーカー」というものです。

せんべろメーカーの外箱

▲せんべろメーカーの外箱。箱のデザインも心惹かれるものがある。

いやー、名前が良いですよね。

千円でべろべろになる、という意味の「せんべろ」から、安く酔っぱらえる幸せな人を作る「せんべろメーカー」という名前になっています。

 

簡単に言えば、熱線付きの卓上小型グリルで、熱燗と同時におつまみの炙りを作ることができます

単純な構造だからこそ、家で熱燗を楽しむのに適しています。

せんべろメーカーの本体

▲せんべろメーカーの本体は熱線のみ。この上に網を置き、熱燗とつまみを作る。

徳利やおちょこもついたフルセット

せんべろメーカーはただの熱線グリルではなく、熱燗をするために作られています。

そのため、徳利を湯煎するための容器や、徳利、おちょこ等も一緒についています

徳利は持っている人には必要ないですが、持っていない人にとってはとても助かります。

せんべろメーカーのセット

▲真ん中のケースが熱燗用で、右のケースがおでん用。サイズ的に、おでんと熱燗は同時に作れないので注意。

 

また、おでんを作るケースもついているので、使い方次第で色々な料理が楽しめます。

敢えて暖房を切って部屋を寒くして、こたつに入って熱燗とおでんを楽しむ、というのは、キャンプが好きで外メシが好きな私にとっては、最高の瞬間です。

スポンサーリンク

適温の熱燗がずっと楽しめる、まさに「せんべろ」

1人で家呑みをするとしても、スーパーで売っている300円くらいのおつまみと、日本酒が適量あればゆっくりと楽しめます。

どれくらいでべろべろになるかは人によって異なりますが、1,000円で気持ち良く飲めることは間違いありません。

せんべろメーカーのテスト

▲とりあえずファミマで買ったえいひれを焼いてみた様子。

 

そもそもべろべろになる必要はないので、時間をかけてちびちびちと、ゆっくり楽しめれば十分です。笑

日本酒の四合瓶とおつまみで、1,000円以下で気持ち良く飲むのも悪くないでしょう。

平日はお酒を控えるようにしているので、私の週末の楽しみになっています。

コンビニのえいひれ

▲コンビニのえいひれでも、炙れば最高のつまみになる。

おすすめの炙りもの

せっかくせんべろメーカーを買うのであれば、魅力的なのが炙るおつまみです。

 

私は楽天スーパーセールで1,000円のおつまみを買いまわるのが好きなので、私がせんべろメーカーと一緒に買ったおつまみをご紹介します。

楽天スーパーセールやお買い物マラソンでは、1,000円買うごとに期間内に買った買い物が全てポイント+1倍となります。

そのため、セール期間内に買った金額によっては、実質タダのような値段で買うことができる場合もあります。

 

ぜひ、楽天スーパーセールやお買い物マラソンの時に、せんべろメーカーと一緒にこれらのおつまみを頼んでみてください。

きっと届くのが楽しみになります。

えいひれ

えいひれ

炙ると美味しいおつまみ(珍味)の中で一番好きなのが、えいひれです。

えいひれは焼くと香ばしく、とても美味しくなります。

 

お皿にマヨネーズと七味唐辛子をかけ、炙ったえいひれをつけて食べると最高のおつまみになります。

少し肌寒いくらいの部屋で、えいひれと熱燗を合わせたらもう堪りませんよね。

 

どのえいひれが美味しい、ということはないですが、200gで1,000円で買えるので、他の買い物と合わせて購入するとお得です。

ほたるいか

ほたるいか

ほたるいかも、炙ると美味しいおつまみです。

ほたるいかはあまりスーパーやコンビニ等では売っていないため、ぜひ通販で買ってみて欲しいです。

 

えいひれやあたりめだけでも十分ですが、炙ると美味しいおつまみがいくつかあると、更にせんべろメーカーを楽しめます

イカを炙ると美味しいので、ほたるいかも当然美味しいですが、興味のある方はぜひご賞味ください。

チータラ

チータラ

意外と美味しいのが、チータラです。

タラの方を下にして焼き、溶けすぎず、そして焼き色がつくくらいに加熱するのがおすすめです。

 

一般的なチータラは細く、少し焼きにくいので、可能であれば太めに作られたチータラがおすすめです。

チーズが網や熱線にこびりつくと掃除が大変なので、適度に炙るのがおすすめです。

スポンサーリンク

感想、まとめ。せんべろメーカーで冬のひと時を楽しく!

寒い冬は家でゆっくり過ごす、という方が多くいらっしゃると思います。

お酒好きにとって、家呑みの時間は日々の楽しみであり、至福のひと時でもあります。

せんべろメーカーの焼き網セット

▲左の焼き網は炙りもの、右の焼き網は焼き鳥が焼ける。夏のビールにも最高だ。

 

私は金曜日・土曜日に、少し夜更かしをしながら、自宅でゆっくりお酒を飲むのが楽しみになっています。

せんべろメーカーを購入したおかげで、年末年始や冬の楽しみが増えた気がします。

お酒好きにはぜひチェックしていただきたい逸品です。

タイトルとURLをコピーしました