【100株】アサヒグループホールディングス(2502)の株主優待を紹介

アサヒの株主限定プレミアムビール株主優待

今回はアサヒグループホールディングス(2502)の株主優待をご紹介していきます。

基本的に100株ホルダーなので、もらっている優待は最小限のものになります。

 

アサヒはビールが好きなので買った銘柄でもありますが、株価が高いので正直優待で貰えるものはおまけ程度です。

ですが、気持ちとは言え株主優待を貰えると嬉しいものなので、これからも継続して保有していきたいと考えております。

※本記事の内容は執筆時時点のものとなりますのでご注意ください。

スポンサーリンク

アサヒグループホールディングス(2502)の株価情報

アサヒグループのロゴ

まずはアサヒグループホールディングス(2502)の銘柄についてご紹介していきます。

株価は変動しますので、この辺りはあくまで参考としてもらえればと思います。

 

まず、執筆時現在、アサヒグループホールディングス(2502)の株価は4,500円程度となっております。

株主優待を貰うためには100株以上必要となりますので、約45万円必要になります。

 

株主優待目当てで購入するのは少しコスパが悪いですね。

2022年株主優待、コースは全部で5種類

アサヒグループホールディングス(2502)の株主優待は、5種類の中から選ぶことができます。

アサヒの優待チラシ

▲アサヒグループホールディングスの優待の案内チラシ。5つの選択肢から選ぶことができる。

 

ハガキに書いて応募することもできますが、ブログで情報収集をしているような方であれば、webで応募するのが良いでしょう。

応募はがきに株主ごとに割り振られたIDとパスワードが記載されているので、QRコードを読み取った後、そのIDを使って応募します。

 

100株で貰える株主優待はどれも1,000円相当となりますので、損得はありません。

自分の好みや考えに応じて選択していただければ良いでしょう。

当然、株数が増えれば優待も豪華になりますが、ここでは100株でもらえる内容だけご紹介します。

株主様限定プレミアムビール

アサヒグループホールディングス(2502)を買った人は、ビール好きな人が多いのではないでしょうか。

そんな方であれば、この「株主様限定プレミアムビール」がおすすめです。

非売品のビールで、パッケージだけでなく、中身も特別性となっています。

アサヒの株主優待外箱

▲プレミアムビールの外箱。私はこれを選んだので、中身は後ほどご紹介。

 

350ml4本セットになるので、量は他の優待よりも劣りますが、迷ったらプレミアムビールが良いのではないでしょうか。

得られる幸福感というか、満足感は一番高いと思います。

酒類商品詰め合わせ

発泡酒も含め6本程度の種類が貰える詰め合わせセットです。

色々な種類の銘柄を飲んでみたい、という方は、量と種類の多い詰め合わせセットがおすすめです。

アサヒの株主優待詰め合わせ

▲発泡酒を含めたビール詰め合わせ。普段自分では買わない、珍しいビールも楽しむことができる。

 

ただし、微アルコールのビール等も混ざっており、「普段買わないものが飲める」というメリットと、欲しくないものまでついてくるデメリットもあります。

珍しい機会なので、アサヒの商品を知るという意味では良いセットではないでしょうか。

清涼飲料水・食品詰め合わせ

お酒が飲めない人に向けて、三ツ矢サイダーをはじめとした清涼飲料水やお菓子の詰め合わせセットもあります。

お菓子はMINTIAくらいしか知りませんが、色々出しているので、お酒が飲めない人はこちらがおすすめです。

アサヒの株主優待(清涼飲料水

▲清涼飲料水・お菓子セットの株主優待。中には初めて見る商品もあるので面白い。

 

私も選んだことがないので分かりませんが、実はあのお菓子がアサヒだったのか!?という発見があるかもしれません。

優待目当てではない方はお酒を飲まない方もいると思うので、そういう方にも清涼飲料水・お菓子の詰め合わせはおすすめです。

環境保全活動への寄付

株主優待を貰う権利を寄付することもできます。

 

今回はSDGsという社会的テーマもあり、環境保全活動へ使用するお金として寄付します。

寄付先は「世界自然保護基金(WWF)ジャパン」になります。

災害支援活動への寄付

環境保全活動への寄付のほか、災害支援活動へ寄付することもできます。

災害支援活動に寄付する場合は、全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)に寄付することになります。

 

どちらの寄附が正解ということもないので、ご自身の思いで決めると良いでしょう。

スポンサーリンク

せっかくなのでプレミアムビールを選択

寄付という選択肢があると、少し良心の呵責を感じるのですが、優待でお酒が飲みたくてホールドしているので、ここはプレミアムビールにしました。

アサヒの株主限定プレミアムビール

▲株主限定のプレミアムビール。ここでしか飲めない、まさにプレミアムなビール。

 

昨年はビール詰め合わせを選んだのですが、バラエティ豊富で、普段買わない銘柄を楽しむことができました。

今回は株主限定として出ている、プレミアムビールを楽しもうと考えています。

「株主限定」という響きがなんとも良いですよね。

優待株というよりも、優待が貰える優良株、というスタンスで投資

アサヒグループホールディングスは優待が貰えますが、株価が高く、優待利回りとしては低いです。

優待だけが欲しいのであれば、他に優先されるべき銘柄は多々あります。

 

そのため、優待銘柄というよりも、優待も貰える優良株、というイメージで良いと思います。

配当や成長性等も含めて購入し、年に1回ビールを楽しむ、という感覚が良いのではないでしょうか。

プレミアムビールの解説書

▲プレミアムビールには解説書(という程でもないが)があり、より「プレミアム感」が楽しめる仕様となっている。

スポンサーリンク

2022年からの株主優待合計額

チケットを貰う男性のイラスト

なかなか更新が追いつかず、2022年から記録し始めてようやく4つ目の株主優待となりました。

これまで記録したものは5,300円分相当だったので、今回約1,000円分のビールを加え、6,300円となりました。

 

現金ではないですが、貰ったものが数字として増えていくのは嬉しいですね。

とは言え、利回りや効率が重視される投資の世界ですが、株主優待は感性によってその価値も変わる十人十色の世界です。

 

なお、2022年からこれまで貰った株主優待は下記カテゴリに記録していますので、興味のある方は是非読んでみてください。

参考カテゴリ : 株主優待

感想、まとめ。アサヒのお酒が好きなら長期保有銘柄!

アサヒグループの優待のチラシ

今回ご紹介したのは、アサヒグループホールディングス(2502)の100株ホルダーで貰える株主優待です。

私は100株で広く浅く保有しているものが多いので、貰える株主優待も少額です。

もっとたくさん投資をすれば貰えるものも増えるので、資金に余裕のある方は楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

私もお酒はアサヒが一番好きなので、もっと保有したいところですが、資金力がないのでこれ以上は厳しいです。

投資をすればするほど、資金力の大事さを思い知らされますね。

タイトルとURLをコピーしました