20分の満員電車は、座って乗る1時間の通勤電車よりも大変!

満員電車のイラスト家ができるまで(注文住宅)

都会で仕事をする人の苦悩でもあり、一種の諦めでもあるのが、電車通勤です。

電車通勤がなくなれば、どれだけ人生が豊かになるか分かりません。

 

どこでもドアがあったら最高だなぁ、とか思いながらも、どこでもドアがあったら法定勤務時間が1時間伸びるんじゃないかという気もしています。

そんな事を言っていても、これが現実なので受け入れるしかありませんし、どんな対策をしても、電車通勤が好きな人はいないでしょう。

 

しかし辛い電車通勤を少しでも楽にしたいと考えることはできます。

これまでの経験則から、私は電車通勤は「座って行けること」を重視してきています。

スポンサーリンク

これまで色々な場所に住んだ

電車のイラスト

これまで私は、実家を入れて5つの地域に住みました

東京近郊に出てきてからは4つと言うことになります。

 

一つは大学時代に住んだ、埼玉県。

通学はバイクだったので電車とは無縁でしたが、アルバイトは新宿だったので、電車の苦痛をあまり知らないまま過ごしました。

幸せなことですね。

 

その後就職して最初に住んだのが、埼玉県のまた別の地域でした。

ここが都内でも有名な激混み電車で、途中駅なので座ることもできず、毎日40分〜50分程度辛い満員電車を耐えました

 

その満員電車に耐えられなくなって選んだのが、山手線の内側の高級住宅街にある社宅です。

職場まで18分くらいの立地でしたが、電車は混雑しており、座れる場所でもないので、こちらも満員電車でした。

 

そして現在住んでいるのが、始発駅で必ず座れるものの、通勤に1時間程度かかる場所です。

電車が出発しても、2駅隣までは座席が埋まらないような場所なので、早めに行く必要もなく必ず座れます

満員電車は20分でも疲労困憊

満員電車のイラスト

色々な場所に住んできましたが、当然、40分〜50分満員電車に揺られるのは辛いです。

朝会社に到着すると、既に疲労困憊でもはや仕事になりませんでした。

帰りはそこそこ分散するのでまだマシでしたが、朝は本当に辛かったです。

 

そのため、職場から近い社宅に引っ越し、通勤時間を18分まで縮めましたが、そこで気づいたことがありました。

それは、満員電車は20分でも疲労困憊という事です。

 

もちろん満員電車に乗る時間が長ければ長いほど、電車通勤の辛さは増します。

しかし、満員電車に乗る時間が20分もあれば、人間は十分疲れ果てられるのです。

 

しかしその後暫くはその地域に住み続けましたが、妻と一緒に住むタイミングで、今の場所に引っ越してきました。

引っ越し先は色々悩みましたが、朝の通勤が座れる場所を選びました。

スポンサーリンク

始発駅から約1時間電車に乗って通勤電車

電車の座席に座る

私が今住んでいる場所は、都内に通勤する電車の始発駅です。

私の職場までは一本で行けるため、乗り換えはなく、朝は座っているだけで出勤できます。

電車のトラブルで遅延しているような場合でも、ホームに人がごった返すようなことはなく、大抵の場合は座れます。

 

座ってしまえば後は楽で、スマートフォンをいじっていれば気づいたら着いています

私は通勤中は大抵、ニュースを読むかゲームをするか、ブログを書くかの誰かをしています。

集中してブログを書いている時は、電車が職場の駅に到着した後でも、まだ書き足りないこともあります。

偶にですが、もう少し通勤時間が長くても良いと思うことさえあるくらいです。

 

もちろん、電車には不審者や変質者が乗ってくることもありますし、チンピラや酔っ払いに絡まれることもあります。

座れるからと言って電車通勤が楽しいわけではありませんが、それでも満員電車に揉まれていた時のことを考えると、比べ物にならないくらい楽になりました。

実際10分満員電車に乗れば疲れる

個人的な考えとしては、満員電車は10分も乗れば十分疲れます。

 

1駅くらいなら耐えられますが、2駅になるともう疲れと嫌気を感じます

3駅もあれば、降りた時に「ふぅ」と一息つきたくなります

 

もちろん満員電車に乗っている時間に比例して、疲れは増してきますので、10分と20分で同じ疲れだとは言いません。

10分よりも倍の20分の方が疲れますし、その倍の40分ならもっと疲れます。

 

しかしたとえ10分であっても確実に疲れますし、毎日の通勤ともなれば嫌気がさしてきます。

生きていくために必要なので耐えられますが、仕事じゃなければ即やめています。

スポンサーリンク

価値観によるが、多少遠くても座れる場所の方が良い

時計のイラスト

私の土地探しの基準として、「座って行けること」があります。

出来る限り全ての区間を座って通勤したいので、同時に「乗り換えなしで一本で通勤できること」という条件も加わってきます。

 

しかしその代わり、通勤時間は多少長くても問題ありません。

都心から20分以内の場所に注文住宅を建てるようなお金はないので、座れない場合はそれ以上の満員電車を覚悟しなければなりません。

 

将来どのように路線変更されるか分かりませんが、それは誰にも分からないので、少なくとも現時点で座って通勤できる場所を検討しています。

個人の価値観によると思いますが、そもそも混んでいなくても電車が嫌いな私にとって、毎日満員電車に揺られるのは耐え難い辛さでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました