遅い!次世代住宅ポイントは申請してからどれくらいの期間で付与?

次世代住宅ポイントのロゴローン・お金の話

政府が行う増税対策の一つに、一定以上の機能を有する住宅を建てたときに付与する、次世代住宅ポイントがあります。

次世代住宅ポイントのロゴ

 

我が家は次世代住宅ポイント350,000ポイントの対象なので、非常に助かっています。

1ポイント約1円なので、35万円相当ということになります。

 

これは引越しやらで金欠気味の人たちにとって、かなりの救済になっていると思います。

私も本当に有り難く使わせてもらっています。

スポンサーリンク

積水ハウス経由で次世代住宅ポイントを申請!

積水ハウスのロゴ

我が家も次世代住宅ポイントを活用すべく、2月初め頃に申請を行いました。

申請は積水ハウス経由だったので、手続きは非常に楽でした。

 

まず積水ハウスから封筒が送られてきて、その中に申請に必要な書類が一式入っていました。

書類にはポストイットが貼ってあり、記入する場所、押印する場所が一目でわかるようになっていました。

 

本当は規約やら何やらを色々読まないといけないのですが、どうせ申請するんだし、ということでとりあえず記入と押印

(良い子はマネしてはいけません。笑)

返信用封筒も同封されていたので、記入・押印した書類を返送して終了です。

申請から付与まで約2ヶ月かかるらしい

スケジュール帳

しかし申請から1ヶ月近く経ちましたが、ポイントが付与された様子はありません。

というか、次世代住宅ポイントってそもそもどうやって通知されるのでしょうか?

よく分からないまま手続きを進めていましたが、疑問になったので、営業マンの方に聞いてみました。

 

積水ハウスでは次世代住宅ポイントをまとめて手続きしてくれる担当者がいるみたいなので、確認してもらいました。

 

結論としては、次世代住宅ポイントは葉書にて通知されるそうです。

そしてその期間ですが、申請から約2ヶ月とのこと。

 

えっ、ということは、次世代住宅ポイントがもらえるの4月じゃん!

3月中下旬あたりから住み始めるんですけど・・・。

いやー、困った。

困ったけど、こればかりは仕方ないですね。

スポンサーリンク

委任状パターンなので、少し時差があるかも

カレンダーを見て焦る人

ちなみに申請から2ヶ月というのが、通常スケジュールかどうかは分かりません。

私の場合は積水ハウスを通して申請をしたので、同封されていた委任状にも記名・押印をしました。

本人が手続きをするのではなく、積水ハウスに委任をして、代理で手続きしてもらった形です。

 

これによってスケジュールに遅れが出るかは不明ですが、もしかしたら委任状パターンは手続きが遅れる可能性はあります。

ただし少なくとも、手続きを委任した方が早くなる、ということはないでしょう。

 

いずれにせよ、積水ハウスだけでなく、ハウスメーカーに委任状を書いている方は、2ヶ月くらいかかるものと思った方が良いでしょう。

テレビが困る・・・!

テレビのイラスト

我が家は次世代住宅ポイントで貰うものを既に決めていました。

それはルンバ、ダイソンの扇風機、そしてテレビです。

リンク : 【35万ポイント】次世代住宅ポイントで何を貰う?我が家はこれ!

 

この中で一番困るのがテレビです。

我が家にはダイソンの掃除機もあるので、ルンバは暫くなくても何とかなります。

ダイソンの扇風機も、あったら便利ですけど無くても困りません。

 

しかしテレビは代わりがきかないので、とても困ります。

新居に住んでから2〜3週間くらい、テレビなしで生活しなければいけません。

 

私もそこまでテレビを見るわけではないですが、何気なく流しているテレビから得る情報も多いです。

テレビ以外にも新聞やネットニュースで情報は入手できますが、テレビの話題って大切ですよね。

スポンサーリンク

感想、まとめ。次世代住宅早くしてくれ・・・!

そんなことを言っていても仕方ないので、待つ以外に方法はありません。

次世代住宅ポイントの制度が今後ずっと続くなら、「皆さんもお気をつけください!」と言えますが、この施策はもう3月末で終わりです。

そのため、この記事は注意喚起にもならないのです。

 

まぁブログなのでそれで問題ないと思いますが、次世代住宅ポイントの付与に想像以上に時間がかかり、驚いている人も少なくないと思います。

このブログがそんな方々の目に留まって、「あぁ、私と同じだ!」と思っていただければ幸いです。

 

とにかく次世代住宅ポイント、早く付与してください・・・!

タイトルとURLをコピーしました