積水ハウスの技術力の高さが分かる!住まいの夢工場に行った感想

住まいの夢工場②家ができるまで(注文住宅)

積水ハウスの本格検討を始めてから、いくつか住宅展示場のモデルハウスを見てみました。

 

モデルハウスは非常に快適で、さすが積水ハウス!と言ったところでしたが、今回、積水ハウスが運営する大型施設、「住まいの夢工場」に行ってみました。

簡単に言うと、住まいの夢工場は積水ハウスだけの住宅展示場なのですが、その中身が凄かったです。

 

なお、特に注意はありませんでしたが、あまり写真をパシャパシャ撮るのは憚られたので、ある程度は積水ハウスのHPから引用・出典しております。

スポンサーリンク

積水ハウスには大型展示場「住まいの夢工場」がある

積水ハウスのロゴ

注文住宅を建てた人で、モデルハウスに一度も行ったことのない人はおそらくいないのではないでしょうか?

ほとんどの人が一度は住宅展示場に足を運び、モデルハウスを見学したと思います。

住宅展示場は多数のメーカーが軒を連ねているので、目当てのハウスメーカーに一直線もよし、営業マンの声掛けに応じて複数社見学するのもよし、といった具合です。

 

しかし積水ハウスの「住まいの夢工場」は、すべて積水ハウスのモデルハウスだけで構成されています。

しかもモデルハウスの数も、1棟2棟のレベルではないのです。

 

敷地面積も広大で、もはや積水ハウスの街というレベルです。

20棟を超える展示場!ここに行けば積水ハウス全てが分かる!?

正直、住まいの夢工場に1回行けば、他の住宅展示場に行く必要はないと感じました。

それくらい、あらゆるタイプもモデルハウスが立ち並んでいました

住まいの夢工場①

 

営業マンの方に「こういった形の家が見たい」と言えば、よほど特殊なものでなければ住まいの夢工場で見ることができます。

鉄骨、木造はもちろん、平屋、三階建て、ガレージ、小屋裏収納・・・等、一般的に考えられる形なら網羅しているのではないでしょうか?

 

単純に積水ハウスの勉強をするだけであれば、住まいの夢工場に行けば十分だと思います。

積水ハウスの凄さが分かる、様々な体験ができる

積水ハウスのヒノキ材

住まいの夢工場は、単なる住宅展示場ではありません。

モデルハウスを見学する他、ここでは様々な実験を見ることができます。

 

私はシャーウッド(SHAWOOD)を検討していたので、たとえば無垢材とシャーウッドの耐久実験だとか。

集成材の強さの実験

▲集成材の強さと安定性を示した実験

陶板外壁の「ベルバーン」に1,000℃にもなる炎を当てて、反対側を触る実験だとか。

 

そういったものを実際に自分の目で見て、肌で感じて体感することで、誰でも簡単に、その性能の違いを理解することができます

家の設備とは直接関係ないですが、ワクワクを持たせるための演出も多彩で、まるでアトラクションのようでした。

 

家のスペックと関係ないどころか広告宣伝費がかかるものですが、建てる本人の気持ちや考え方が大きく変わるので、これはこれで良いものだと思いました。

一生に一度の買い物なので、最大限までワクワクして、夢を描きながら建てたいですよね。

スポンサーリンク

広告宣伝費の一部ではあるが、納得感を高める上で重要

こういった大型の実験施設や展示場があるのは、会社からするとコストではあります。

 

大手ハウスメーカーが批判される例として、広告宣伝費の高さがあります。

大手ハウスメーカーはテレビCMをガンガン流していますが、実際のところテレビCMの費用は建築頭数で割れば数万円程度です。

それよりも大きいのが、全国各地に建てた住宅展示場や、こうった説明をするための営業費用です。

 

広告宣伝や説明をまったくやらない工務店と比較すれば、大手ハウスメーカーの広告宣伝費はかなり高いと思います。

(中堅ハウスメーカーはそこまで変わらないと思いますが)

 

しかし家だけに限らず、電化製品でもなんでも、広告宣伝費をかける企業が低クオリティかと言うと、そんなことはありません

たとえばTOSHIBAの家電はたくさんテレビCMを流していますが、無名の中国製家電は宣伝を一切しないし価格も安いです。

 

しかし中国製家電は広告宣伝費をかけない分安いので、そちらを買うのが賢い、ということにはなりませんよね。

大手ハウスメーカーに広告宣伝費が乗っていて、割高なのは事実ですが、家は結局「納得感と満足感」が大事だと思っているので、そこにかかるコストは見えない価値のような気がします。

 

私も最初は、大手ハウスメーカーは広告宣伝費が高いだけのものだと思っていましたが、確かに広告宣伝費も乗っていますが、クオリティも最高峰だと思いました。

もし予算があるのであれば、その差額は広告宣伝費分だけではないので、大手ハウスメーカーにしておいた方が良いかもしれません。

積水ハウスに興味がある人は、絶対に一度見に行った方が良い

住まいの夢工場②

住まいの夢工場は、積水ハウスの全てが詰まった住宅展示場だと感じました。

 

私は「住宅展示場」という表現を使いましたが、積水ハウスの人からすると住宅展示場ではなく、あくまで工場なのかもしれません。

もしかしたら、工場でもなくて、街なのかもしれませんが。

私が感じたのは、積水ハウスの技術や住宅の全てを体験することができる、大型展示場である、という印象でした。

 

積水ハウスを検討しようとしている方は、住まいの夢工場にさえ行っておけば一通り勉強することができますし、逆に検討中の方で行ったことがない場合は、一度行ってみることをおすすめします。

せっかく積水ハウスにするのに、住まいの夢工場に行かないのは損だと思います。

スポンサーリンク

感想、まとめ。日本No.1のハウスメーカーの日本一の展示場!

住まいの夢工場③

積水ハウスは日本で一番家を建てているハウスメーカーです。

日本で一番のハウスメーカーによる、日本で一番の住宅展示場、という感じです。

(公式見解ではないので本当に日本一なのかは分かりませんが、たぶん広さやら棟数やら、何かしらは日本一だと思います。笑)

 

住まいの夢工場はただの住宅展示場ではなく、最先端の技術が身をもって体感できる、とにかく凄い場所だと思いました。

積水ハウスを検討していない人であっても大変勉強になる施設だと思いますが、もうここに行った時点で積水ハウスの営業マンの手の上かもしれません。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました