大和リビングの賃貸ってどう?実際に住んで感じたメリットとデメリット

ダイワグループ住んだ・検討した地域

私は以前、大和リビング(ダイワリビング)の賃貸住宅に住んだことがあります。

「ダイワ」と聞くと「大和ハウス」が思い浮かぶかもしれませんが、そのグループ会社です。

 

大家さんが大和リビングに管理・運営を任せている住宅に住んだことがある、ということですね。

実際に大和リビングが入ることで良かったのか悪かったのか、その感想を書いていきます。

※あくまで個人の感想です。

スポンサーリンク

大和リビングの賃貸住宅に住んでみた

ダイワグループ

私が大和リビングの賃貸住宅を借りたきっかけ、というものはありません。

 

普通に地元の不動産屋に行って、賃貸住宅を探したところ、気に入った物件がたまたま大和リビングだっただけです。

そのため、大和リビングを好んでいて、大和リビングの賃貸住宅に絞って住んだ、というわけではありません。

 

しかしはじめて大手管理会社が入る賃貸住宅に住んでみたので、その経験はためになったとは感じています。

大和リビングで良かった点(メリット)

メリットのイラスト

大和リビングが管理することによって、大家さんだけでなく、私たち住人にもメリットがあります

 

大手管理会社なので、コールセンターを持っていたり、ホームページを持っていたりするのがその最たる点ではないでしょうか。

大和リビングでなくても、大手管理会社であれば同じかもしれませんが、具体的に書いていこうと思います。

トラブルに対応してもらえる

悩みを抱える男性

一つ目のメリットは、トラブルにすぐに対処してもらえることです。

 

私の場合、設置されている宅配ボックスの暗証番号が分からなくなってしまったことがありました。

ポストに入っていた暗証番号の紙を私がなくしたのか、そもそも配達員がその紙を入れ忘れたのかは定かではありませんが、とにかく分からなくなりました。

 

「宅配ボックスにずっと荷物が入っているな、誰のだろう?」と思い、宅配ボックスについている小窓から中を覗いたところ、私の名前が見えました。

そこで大和リビングに連絡し、事情を話したところ、その日のうちに来て、マスターキーで開けてくれました

 

非常に迅速な対応で助かりました。

近隣トラブルにも対応

隣人トラブル

もちろん近隣トラブルにも対応してくれます。

私の場合は、同じアパートに住む人というよりも、近所の騒音被害を相談しました。

 

私が借りていたアパートの隣は今まで空き地だったのですが、ある日そこが建設会社に買い取られ、トラックの駐車場になってしまいました。

もちろんそれだけなら仕方ないことなのですが、そこに毎朝5時に必ず、改造バイクで爆音を鳴らしながら出勤する人がいて、毎朝起こされていました。

 

それを相談したところ、一週間くらいでその会社に電話してくれ、それ以来騒音もなくなりました

こういった対応をしてくれるのは、管理会社の恩恵と言えるかもしれません。

マイページがあり、書類請求等ができる

pcを操作する女性

大和リビングの場合、入居者専用のマイページが与えられます。

そのマイページでは今までの支払い履歴が見られたり、証明書の発行依頼ができたりします。

 

領収書等の簡単な書類であれば、すぐにマイページから発行することもできます。

押印が必要な書類であれば、マイページから申請後、別途郵送にて届けてくれます。

 

ただし、発行の都度手数料がかかるものがありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

大和リビングの悪い点(デメリット)

デメリットのイラスト

大和リビングを通すことで、便利になることもあります。

しかしその分、そこには人件費もかかりますので、中間マージンを取られることになります。

そのため、大和リビングを入れない住宅よりも、家賃は高くなります。

 

それも含めた家賃で納得していれば問題ないですが、実際に住んでみると、他にも大和リビングに対する不満はありました。

とにかく手数料が高い

お金のイラスト

大和リビングは証明書の発行等がweb上のマイページからできる反面、都度手数料がかかります。

証明書の種類にもよりますが、業界の相場としては高い部類になると思います。

法外な値段、というわけではありませんが、これ以上高いものはほとんど聞かない、というくらいの値段ではありました。

 

私が一番驚いたのは、名義変更にかかった手数料です。

私の場合、最初は私が契約者でしたが、妻の会社の家賃補助が手厚いため、妻の会社名義に変更(借り上げ)しようとしました。

そのためには、まず私の名義から妻の名義に変更し、その上で妻の名義から妻の会社の名義に変更する、という2回の変更が必要でした。

 

この手続きを一度にしたい、と申請したところ、「契約名変更は1回につき家賃1カ月分なので、この場合は2か月分になります」という回答で、名義変更に20万円近くの費用がかかりました。

 

ちなみに本来であればこれに加えて敷金1か月分がかかるのですが、元々払っていた敷金が戻ってきたのでそれで相殺されました。

名義変更に1か月分の手数料がかかるところもたまにありますが、おそらくそれ以上高い値段がかかるのは聞いたことがないので、業界最高値水準であることは間違いないでしょう。

法外ではないものの、考えられる手数料の最高値のレンジ、というイメージです。

 

他の証明書や手続きに要する手数料についても同水準と考えて良いでしょう。

コールセンターの仕組みがひどい

コールセンター

もう一つ不満なのは、コールセンターの仕組みが酷いことです。

対応が悪いわけではなく、仕組みが悪いです。

 

どういうことかと言うと、マイページのフォームから問い合わせや書類請求ができるのですが、中には特殊な事情がある等でコールセンター対応が必要な場合があります。

しかしコールセンターに電話すると、「ナビダイヤルでお繋ぎします。お問い合わせの方は1を、・・・」という案内が流れます。

ナビダイヤルは有料なので、無料通話がある方もこの間は有料になります。

 

〇〇についてお問い合わせの方は1を、××についてお問い合わせの方は2を・・・というガイダンスがかなり深く、何度も何度も番号を押させられます。

そしてその壁をクリアし、やっと最後までたどり着いたと思うと、オペレーターに繋がるでもなく、「お問い合わせはマイページから行うことができます。マイページのURLは、エイチ、ティー、ティー・・・」と流れて切断されます

 

マイページからできない事情があるから問い合わせをしているのに、数百円の電話代がかかってこの対応はあまりにも酷いです。

ナビダイヤルで電話させるのであれば、最終的には必ずオペレーターにつないでほしいところです。

 

今は改善されているかもしれませんが、当時電話した時は衝撃を覚えました。

管理会社があるメリットはあるが、大和リビングである必要はない

賃貸契約において、管理会社があるとユーザーとしても便利で安心です。

 

しかし通常の不動産仲介に加えて、大手ならではの管理コストも上がるので、金額は上がる傾向にあります。

とは言え、様々なトラブルや手続きの相談を考えると、管理会社も悪くないと思います。

 

しかし個人的には、大和リビングはあまりおすすめしません。

対応が悪いわけではないですが、証明書を発行したり、手続きを依頼したりするのに手数料が高すぎです。

 

普通に住んでいるだけなら良いんですけどね。

スポンサーリンク

感想、まとめ。対応は悪くはないが、お金がかかるのがネック

お金のイラスト

今回は強制的に大和リビングの賃貸アパートに住むことになりましたが、不動産仲介会社も通しているので、大和リビングで管理されている賃貸を探していたわけではありません。

管理会社がある有難みは感じていましたが、大和リビングの手数料は業界最高値クラスの料金がかかるため、もう少し安いとありがたい、というのが本音です。

 

しかし手数料が高いと思っても、居住者は大和リビングに頼む以外の選択肢がなく、書類が欲しい場合は諦めて規定料金を支払うしかありません。

住んだ時点で既に囲い込まれており、予めそういったことを予測しない自分が悪いのですが、少し反省はありました。

 

メリット、デメリットは人によって感じ方が変わるため、これはあくまで個人の感想です。

どう感じられるかは分かりませんが、大和リビングの賃貸に住もうとされている方は注意が必要です。

タイトルとURLをコピーしました