二階リビングのメリットとデメリット!老後の対策について

二階リビング家ができるまで(注文住宅)

私は最初一階リビングを検討していましたが、途中から二階リビングを検討し始めました。

一階リビングと二階リビング、まさにどちらも一長一短です。

 

ざっくりと言うと、生活の便利さ重視なら一階リビング、快適さ重視なら二階リビング、という感じです。

もちろん、単純にそれだけではありませんので、私が実際に本格的な検討を行うにあたり、考えているメリットやデメリットを書いていきます。

 

これは本当に悩ましい問題です。

スポンサーリンク

リビングは一階か二階か

リビングのイラスト①

リビングと言えば一階にあるもの、というのは昔の常識でした。

リビングはメインの生活場所なので、玄関から近くにあるというのが一般的です。

 

しかし最近は二階リビングも様々なメリットから見直され始めています。

かくいう私も二階リビングのメリットに惚れ、本格的に検討中です。

 

実家が一階リビングだったこともあり、最初は一階リビング一択でしたが、調べていくと二階リビングの方に心は傾き中です。

二階リビングのメリット

メリットのイラスト

近年、住居の一つの形として広がっている二階リビングですが、メリットはたくさんあります。

人気が出るだけありますね。

 

しかし一階リビングではなく二階リビングが主流になった場合は、メリットが減ってしまうのがジレンマです。

二階リビングは一階リビングが主流であるからこそのメリットでもあるのです。

プライベート感と解放感

二階リビングの最大のメリットは、二階であるが故のプライベート感です。

 

一階リビングの場合、窓を開ければ庭ですが、よほど高い壁を作らない限りはある程度リビングが見えてしまいます。

そのため、基本的には薄いカーテンをしておくのがデフォルトになるでしょう。

また、夜の場合は薄いカーテンだけでは見えてしまうので、シャッターを閉めるか厚手のカーテンを閉める必要があります。

 

しかしこれが二階リビングの場合、道路からは中が見えません

更に向かいの家や隣の家が一階リビングだった場合は、プライベート感が上がります。

バルコニーとの繋がりを持てる

二階リビングの二つ目のメリットは、バルコニーとの繋がりを持てることです。

 

バルコニーは多くの家に採用されていますが、洗濯物を干す時以外にはなかなか使わないのが現状です。

更に、一階に水回りがあって庭付きの場合は、庭に洗濯物を干してしまうこともしばしばです。

そうなると、更にバルコニーの出番はなくなってしまいます。

 

二階リビングの場合はバルコニーがリビングに直結しており、庭のような感覚です。

二階リビング

更に庭と違って塀もあり、二階という高さもあるので、気軽に外に出られます。

 

二階リビングであればカーテンも開けたままで良いので、まるでバルコニーがリビングの一部分であるかのような使い方ができます。

日当たりを確保できる

太陽のイラスト

もう一つは、日当たりを確保できることです。

東南の角地のように日当たりの良い土地だと問題はないですが、例えば北側道路で南側にリビングを取る場合、リビングは日陰になってしまいます。

 

しかし二階リビングであれば高さがあるため、南側に建物が建っても日陰にならないことが多いです。

一階であれば日陰になるような立地も、二階リビングなら日当たり良好というのもメリットです。

 

北側道路の土地は値段が安いので、価格を抑えられるのも魅力です。

庭の手入れが要らない

雑草が生えた家

もう一つ、二階リビングのメリットとして、庭の手入れが要らないことがあります。

 

勿論、一階リビングでも庭を作らなければ、庭の手入れは不要です。

しかし一階リビングで屋外との一体感を出す場合、リビングの窓から見える景色は庭が理想的です。

 

これが二階リビングの場合、バルコニーに置いてある鉢植え等で済むため、手入れの手間は大分違います。

庭の手入れをしないで屋外との一体感を出せるのは、個人的には二階リビングのメリットだと思います。

スポンサーリンク

二階リビングのデメリット

デメリットのイラスト

二階リビングにはメリットもたくさんありますが、もちろんデメリットもあります。

 

一階リビングが主流なのにも、当然理由があります。

 

ただ、個人的にはデメリットというデメリットは一つしかないと思います。

この点が解消されれば、二階リビングの方が一階リビングよりもメリットが大きいと言えるのではないでしょうか。

階段の上り下りが大変

坂道を上る男性

二階リビングの最大の欠点は、階段の上り下りが発生することです。

 

もちろん、一階リビングで二階寝室の場合も、寝る時には階段を上らなければいけません。

しかし、メインの生活場所が一階で用事がある時に二階に行くのと、メインの生活場所が二階で用事がある時に一階に行くのとでは大変さが違います

 

二階リビングの場合は買い物も家具も全て二階に運ばなければいけません。

若いうちはまだ何とかなりますが、年齢が上がってくるとこれが次第に苦しくなってきます

 

また、「いつになったら階段の上り下りが辛くなるか?」という点は個人差が大きいため、なんとも言えないのもリスクです。

死ぬ直前まで元気な人もいれば、若くして病気になってしまう人もいます。

 

これが二階リビングの最大の欠点ではないでしょうか。

リビングに熱がたまりやすい

暖められた空気は上へ登っていくため、二階リビングには熱気が溜まりやすいという特徴もあります。

夏場、家に帰ってきた時に蒸し暑いのは嫌ですよね。

 

しかし最近は「第一種換気」として、24時間換気をする家が増えています。

その場合、空気の入れ替えを常に行っているので、比較的熱気は溜まりにくいと言えます。

 

私は特に気にしませんが、二階リビングのデメリットの一つと言えます。

子供の帰宅が分からない

悩む女性

二階にリビングを設置する場合、子供部屋は一階になります。

そのため、子供が知らぬ間に帰ってきて、知らぬ間に出かけているというデメリットがあります。

 

これが一階リビングであれば、必ずそこを通らなければ部屋に行けないので、帰宅や出かけるタイミングが分かります。

一階リビングでも外階段だと分からない場合がありますが、二階リビングよりは分かりやすいと思います。

 

私もこの点は気になりましたが、物凄く重要な指標かと問われれば、そう言うわけでもありません。

子供の帰宅や外出は把握できた方が良いですが、どちらにせよ全てを把握できるわけではないことを考えると、ある程度は信じてあげるしかないのかもしれません。

二階リビングの老後の対策

足腰の弱い高齢者

二階リビングの中で最も大きなデメリットは、階段の上り下りの多さです。

特に次の二点の際に大きなデメリットを感じることになると思います。

 

  1. 重い荷物を持っているとき
  2. 足腰が弱くなった老後

 

荷物運びについては、若いうちは何とかなりますが、老後は更に辛さが増してきます。

この二つが重なった状態、つまり高齢になって重い荷物を運ぶような時は、より大変です。

 

階段も登れなくなるような状態になるまで快適な生活が送れるのであれば問題ない、という考え方もありますが、対策なしと言うわけにもいきませんよね。

水回りは一階に持ってくる

私もおそらく、実際は二階リビングにした場合は最後まで二階リビングで暮らすと思います。

階段が登れないくらいになった時は、もはや一人でお風呂に入れない状態ではないかと思うからです。

 

しかしお金さえ貯めておけば、リフォームという手もあります。

その際に大事なのは、二階リビングでも一階にお風呂等の水回りを持ってくることです。

 

こうする事により、将来一階に生活圏を移動させることができます。

子供部屋を繋げておき、老後はリビングにリフォーム

二階リビングで一階に水回りを持ってきた場合、他に一階にあるのは寝室、子供部屋です。

仮に子供が二人だった場合、二つの子供部屋を、将来壁を取り払って一部屋に繋げられるようにしておきます

壁を取り払うのは20万円程度で出来るようですが、最初に構造計算をしておかないと、壁を取り払えない可能性があるので注意が必要です。

 

子供部屋が5畳ずつあった場合、二部屋合わせて10畳になりますが、将来この部屋をリビングにするのです。

こうする事により、一階にリビング、寝室、水回りをまとめることが出来ます。

二階は使わなくなってしまいますが、そもそも二階に登れないような状態であることが前提なので、仕方ありません。

 

子供部屋をリビングにした場合、キッチンはリフォームも考えられますが、これが必要かは予算との相談です。

既に階段を上らないような状態なので、料理ができるかどうかも不明です。

オール電化なのかガスなのか等によって値段が変わってきますが、軽く調べたところではガスでも200万〜くらいでキッチンのリフォームもできるようです。

 

もし将来、どうしても二階リビングが辛くなった場合は、最悪のコンチプランも可能です。

もうそんな状態になったら介護施設に入る!と考え方もアリだと思います。

リフォーム代を考えればそれも可能です。

エレベーターをつける

200万円くらいのリフォームを行うなら、エレベーターをつけるのもありです。

エレベーターはもう少しするようですが、300万円前後でつけられそうです。

 

しかし、これから何十年後かの話なので、より安くなっているかもしれないですし、逆により高くなっている可能性もあります。

こればかりは分かりませんが、私は退職金を含めずに完済する予定なので、退職金でエレベーターをつけるのもアリだと考えています。

スポンサーリンク

感想、まとめ。足腰が痛い場合だけが心配

悩みを抱える男性

最悪のプランは考えておくものの、基本的には生涯、二階リビングのまま過ごすと思います。

そのため、年齢を重ねていった後でも、階段の上り下りが辛くないかだけが心配です。

 

二階リビングの場合、外に出かけるためには1日に一回は必ず階段の上り下りが発生します。

更に一階にお風呂を設置した場合、もう一往復が発生します。

これが最大の懸念点でもありますが、この点がデメリットとして発生するのはまだまだ先の話です。

 

先のことを考えるとことは大切ですが、人生の大部分を快適に過ごせるのであれば、あまり考え過ぎも良くないのかもしれません。

非常に難しい問題ですが、私としては二階リビングにすることのメリットの方が大きいと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました