ベビー用品はレンタルを有効活用!ダスキンレントオールを利用してみた

チャイルドシートに乗る赤ちゃんイラスト子育てノウハウ・日記

こんにちは、mayoyoです。

現在、夫を家に置いて(笑)実家に1か月ほど帰省しております。

私の実家は少々遠距離で、めったに帰省もできないし
こんなに長期滞在できるのも育休中だけなのでたっぷりと実家ライフを
堪能しております。

実家には新幹線で帰省したのですが、赤ちゃんを連れての新幹線は
結構大変でした・・・

そのことは後日書こうと思います。

今日は、実家に帰省中チャイルドシートをレンタルしてみたので
その感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク

実家は車社会・・・チャイルドシートどうしよう!

私の実家は、車社会なのでチャイルドシートが必需品です。
チャイルドシートを家から送るのは、さすがに面倒で・・・

ベビー用品のレンタルを試してみることにしました。

インターネットで検索すると、

  • ナイスベビー
  • BABYFAN
  • ベビレンタ

などが出てきたのですが、基本的に宅配便になるので送料がかかってしまいます。

できれば、店舗があって受け取りに行けるほうがいい!と思い
いろいろ探して見つけたのがダスキンレントオールかしてネットでした。

全国各地に店舗があり、直接受け取りができる

ダスキンレントオールは、ダスキンが運営するレンタルサービスです。

赤ちゃん用品のほか、トラベル用品のレンタル販売も行っているようです。

私がこのサイトでベビー用品をレンタルしようと思ったのは近くに店舗があったからです。

ダスキンレントオールは、店舗受け取りであれば
配送料金かからずレンタル料のみでレンタルできます。

ダスキンが運営しているので、全国各地に店舗があります。
12府県を除いて、店舗がある(2019年9月1日現在)のでおおよそ網羅しています。

お近くの方は、直接受け取りがお得ですよ。

スポンサーリンク

料金形態はシンプル

料金形態はいたってシンプルでわかりやすいです。

料金形態イメージ

基本料金に利用したい月数をかけることで利用料金を算出します。

私はCombiのチャイルドシートコッコロSを1か月レンタルしたので

コッコロ画像

基本料金(3,024円)×1か月=3,024円

でレンタルできました。

3か月以上利用する場合は、割引率が適用され上記の式に割引率をかける
システムになっています。

といっても、自分で計算する必要はなくHPで利用月数に応じた料金が表示されているので
一目でわかります。

参考までにコッコロSの料金表を載せておきます。
(2019年9月1日現在。最新情報はHPでご確認ください。)

基本料金¥3,024割引率
(1ヵ月分)
9泊10日¥2,72110%OFF
1ヵ月¥3,024
2ヵ月¥6,048
3ヵ月¥7,25720%OFF
4ヵ月¥8,46730%OFF
5ヵ月¥10,584
6ヵ月¥10,8866ヵ月以上
40%OFF

レンタル品はとてもきれいだった

レンタル品というと、ちょっとにおいがしたり汚れたりしているかと思ったのですが、
今回レンタルしたチャイルドシートはとてもきれいでした。

においもしないですし、目立った汚れもありません。

写真を撮り忘れたので、写真はないのですがとてもきれいでした。

スポンサーリンク

通常の使用におけるキズや汚れは費用不要

HPのご利用案内によれば、通常の使用におけるキズや汚れについては
費用不要とのことです。

息子はとても汗かきで、頭に寝汗をかきます。笑

チャイルドシートで寝てしまったときに、汗をかいて頭の部分に
汗ジミができてしまいました。

クリーニング代とられるかな・・・と不安を抱きつつ返却しましたが
特に何も請求されなかったので、ちょっとしたシミなどはクリーニング代等の
料金は発生しないようです。

もちろん汚れはつけないよう注意しなければなりませんが、
万が一ついてしまった場合も、安心ですね。

 

充実したラインナップ

勝手なイメージで、レンタルできる商品は少ないのかと思っていましたが、
結構たくさん種類があって迷いました。

値段も3,000円から7,500円くらいのものが主で
予算に合わせて選ぶことができます。

新生児から使えるものも揃っており、里帰りしてレンタルする場合も安心です。

チャイルドシートだけでなくその他ベビー用品の取り扱いも多数あります。

短期間必要なものはレンタルを有効活用しましょう

これまで、ベビー用品をレンタルすることに抵抗がありましたが、
実際に使ってみると、とても使い勝手がいいものでした。

ダスキンレントオールは汚い、においがするといったこともなく、
安心して使うことができました。

帰省等で短期間利用したい用品がある場合には、レンタルサービスを利用してみては
いかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました